>> エッセンシャルオイル(精油)色々へ

アロマテラピー



一般的な注意事項


a. 精油は、引火する可能性があるので、火気に注意する。

b. 精油を、内服、飲用しない。

c. 目に入らないよう注意する。

d. 原液を、肌に塗らない。

e. 子供やペットの手に届かない場所に保管する。

f. キャップを、しっかり締め、高温多湿を避け冷暗所に保存する。


人に対しての注意事項


a. お年寄り、既往症のある方、敏感体質の方。

香りに対して、反応し易い場合があるので、

不快感がある時は、避ける。

b. 妊娠されている方

体調が変わり易い時期である為、

専門家に相談してから行った方が良い。

妊娠時期には、

使用してはいけない精油や部位等もあるので。

c. 乳幼児(3歳未満)

精油を代謝排泄する為の臓器が未熟で、

体重面でも、精油の影響を受け易い為、

体調を崩す場合がある。


精油に対する注意


a. 本当に、「精油」であるかどうか?

アロマテラピーは、

天然素材である精油を使用する自然療法である為、

合成オイルと混同しないよう注意する。

b. 人体に良くない作用

光毒性のある成分を含有している、「レモン

ベルガモット」「グレープフルーツ」などの精油

あるので、外出前や外出中に使用する場合は、注意する。






>> ディフューザー色々へ

ディフューザーとは?

ディフューザーとは、熱を使わず、お部屋の中で、
エッセンシャルオイルを拡散する芳香器具です。

香りを広げるには、熱を加え揮発させるのが
最も手軽なのですが、アロマオイルは、
熱にとても弱いため、成分が変動してしまいます。

ディフューザーは、熱を加えず拡散出来るため、
アロマオイルの持つ働きを最大限に期待出来ます。
初心者の方には、オススメのアイテムです。

>> エッセンシャルオイル(精油)色々へ

アロマテラピーとは?

アロマテラピー 精油とは?

アロマテラピー 精油の種類

アロマテラピー 花粉症対策



今週のランキング(楽天市場)
エッセンシャルオイル
(精油)
アロマテラピーセット アロマスプレー
アロマグッズ キャンドル お香






皆様の1クリックに、
いつも感謝しております。<(_ _)>


人気ブログランキングへ

こちらも、有難うございます。

ブログランキング【くつろぐ】
ブログランキング【くつろぐ】






ネットで快適生活 トップページへ